1. ホーム>
  2. 貸切バス>
  3. 貸切バスの運賃・料金制度

飛騨を楽しむ

貸切バスの運賃・料金制度

平成24年4月に発生した高速ツアーバス事故等により、貸切バス市場の現状について問題の深刻化が浮き彫りになりました。
このため、国土交通省では、貸切バスの安全性向上を図る取り組みの一環として、貸切バスの運賃制度を抜本的に見直し、
安全と労働環境改善コストを反映した、合理的でわかりやすい時間・キロ併用制運賃が平成26年4月より実施されました。

貸切バスの新たな運賃・料金制度について

貸切バス事業者は、各運輸局等が公示した運賃・料金で届出を行う場合、公示運賃の上限額と下限額の幅の中で運賃を決定します。
下限額以下の運賃で運行すると、届出運賃違反として行政処分となるとともに、その貸切パス事業者は安全が確保されていない可能性があります。

濃飛バスの運賃・料金設定

濃飛バスでは、下記の計算で運賃を算出させていただいております。

  • 中部運輸局ブロックにおける一般貸切旅客自動車運送事業の運賃・料金の額を元に、下記の算出方法で運賃・料金を設定しております。

    ※走行時間の端数については、30分未満は切り捨て、30分以上は1時間に切り上げます。
    ※走行距離の端数については、10km未満は10kmに切り上げます。
    ※ガイド料、有料道路利用料、航送料、駐車料、乗務員宿泊料その他お客様の求めにより運送以外の経費が発生した場合には、その実費はお客様負担となります。

  • 中部運輸局ブロックにおける一般貸切旅客自動車運送事業の運賃・料金の額
    (円)
    車両一覧 上限額 下限額
    運賃 キロ制運賃
    (1km当たり)
    大型車 160 110
    中型車 130 90
    小型車 110 80
    時間制運賃
    (1時間当たり)
    大型車 7,660 5,310
    中型車 6,470 4,480
    小型車 5,550 3,850
    料金 交代運転者
    配置料金
    キロ制運賃(1km当たり) 20
    時間制運賃(1時間当たり) 3,340 2,310
    深夜早朝運行料金 時間制運賃及び交代運転者配置料金(時間制料金)の2割増以内
    特殊車両割増料金 運賃の5割以内

日帰り(大型車1台)チャーターの場合

1泊2日(大型車1台)チャーターの場合