1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. 安全確保に関する取り組み

飛騨を楽しむ

安全確保に関する取り組み

濃飛バスは、平成27年9月15日、安全性に対する取組状況が優れている事業者に与えられる「貸切バス事業者安全性評価認定制度」において、飛騨地方では唯一となる三ツ星の認定を受けました。三ツ星の認定基準は、二ツ星の認定を2年間継続し、かつ書類審査において100点満点中80点以上の得点が必要となります。濃飛バスでは引き続き、お客様に安心して当社をご利用いただけるよう、安全への取組みを積極的に進めてまいります。

安全評価認定

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

ご利用のお客様にとって、どの貸切バス会社が安全確保のための取り組みを適正に行っているか、わかりにくい状況にあることから、日本バス協会が安全性に対する貸しきりバス会社の取り組み状況を評価、認定し、公表するものです。
「SAFETY BUS」(セーフティーバス)のマークは、お客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全への取組みが優良な会社であることを示すシンボルマークです。

濃飛バスの取り組み