1. ホーム>
  2. 飛騨を楽しむ>
  3. 気ままなバス旅>
  4. ライチョウ研究者と歩く、乗鞍岳 雷鳥ウォッチング&高山植物観察

飛騨を楽しむ

ライチョウ研究者と歩く、乗鞍岳 雷鳥ウォッチング&高山植物観察

期間運行

ライチョウ研究者小林篤氏とともに、大黒岳周辺を中心に散策しながら、
乗鞍に生息する特別天然記念物ライチョウの観察をお楽しみいただきます。

期間:
2018年8月26日(日)・8月27日(月) 
※ご出発の3日前までにお申し込みください。
最少催行人員:
2
出発時間:
8:40
高山濃飛バスセンター
到着時間:
16:31
高山濃飛バスセンター
お食事:
朝× 昼 ○ 夕×
バスガイド:
同行なし
添乗員:
同行なし
  • コースに含まれるもの:
  • ・路線バス往路乗車券(高山~ほおのき平~乗鞍畳平)
    ・山岳ガイド料金
    ・お弁当
ライチョウ研究者と歩く、乗鞍岳 雷鳥ウォッチング&高山植物観察
  • 大人12,800
  • 小人(6~12歳)10,400
  • 平湯温泉またはほおのき平発着の場合
    大人10,800円
    小人 9,400円
    ※マイカーでお越しの方はほおのき平にてご乗車下さい。

ライチョウ研究者と歩く、乗鞍岳 雷鳥ウォッチング&高山植物観察

行程

  1. 高山濃飛バスセンター 8:40 ほおのき平 9:55 大黒岳登山口 10:40  大黒岳周辺雷鳥ウォッチング(約2時間)    高山植物観察 (約1時間) 畳平(フリータイム)14:00~14:50 ほおのき平 15:46 高山濃飛バスセンター 16:31 

  2. ※平湯乗車の場合は9:40発の乗鞍行きにご乗車ください。
    ※お帰りはお好きな時間帯のバスにご乗車いただけます。

  • ※表示アイコンについて路線バス/貸切バス/高速バス/ケーブルカー/タクシー/船/ロープウェイ/徒歩/電車/

詳細

  • 高山濃飛バスセンターにてチケットを受け取りバスで出発 (8:40)

    高山濃飛バスセンターツアーデスクにてスタッフへお名前をお伝えください。ご旅行に必要なチケットをお渡しします。

    チケットを受け取ったら、高山濃飛バスセンター⑤番のりばより

    8:40発「新穂高ロープウェイ」行きのバスにご乗車ください。

    ほおのき平まで約40分のバスの旅です。

    ※マイカーでお越しの方はほおのき平でご乗車ください。

    ※平湯温泉で乗車の方は、平湯バスターミナル①番のりば9:40発の乗鞍行きにご乗車ください。

  • ほおのき平バス停で乗換え (9:55)

    バス停ナンバーH32「ほおのき平」と車内アナウンスが流れたら、降車ボタンを押してバスをお降りください。

    こちらで乗鞍行きのバスにお乗り換えとなります。ほおのき平から乗鞍山頂(畳平)までは約45分です。

  • 乗鞍スカイラインを通って、大黒岳登山口へ

    日本一の高所「乗鞍スカイライン」を通って 雲上の世界へ!

    大黒岳登山口にて降車ください。

    バス停にてライチョウ研究者がお待ちしています。

     

     

  • 雷鳥ウォッチング&高山植物観察(約3時間)

    中部地方の高山帯にのみに生息する特別天然記念物ライチョウ。

    ライチョウ研究者小林篤が乗鞍に生息するライチョウ(雷鳥)を詳しくご説明いたします。 

    ※この画像は春に撮影されたものです。

     

  • 畳平(フリータイム)

    高山植物が咲きほこるお花畑、鶴ヶ池周辺を自由にご散策ください。 

     

  • 乗鞍山頂(畳平)よりバス乗車

    各自ご自由にお過ごしいただき、お好きな時間のバスに乗って高山までお戻りください。

    乗鞍線時刻表はコチラ

    ※混雑時は希望の時間のバスにご乗車できない場合があります。お時間には余裕を持って散策ください。

  • ほおのき平でバスを乗換えて高山へ

    高山行きはほおのき平にてお乗換えとなります。

    ほおのき平バス停より「高山濃飛バスセンター」行きのバスにご乗車ください。

    新穂高線のダイヤはコチラ

     

  • 高山濃飛バスセンター到着

    高山濃飛バスセンター到着!

    お疲れ様です。

  • 【ライチョウ研究者 小林篤 氏 の紹介】

    ライチョウ研究者 小林 篤  (こばやし あつし) 氏

    理学博士。東邦大学理学部生物学科地理生態学研究室訪問研究員・中村浩志国際鳥類研究所理事。1987年東京都生まれ。2009年大学の卒業研究で信州大学名誉教授中村浩志先生に師事しライチョウ研究を始める。2014年には日本で初めてライチョウの研究で博士号を取得した。主な調査地は乗鞍岳で、現在まで10年に渡り乗鞍岳の雷鳥を見続けている。また、2013年に環境省によって策定されたライチョウの保護増殖事業にも従事し、南アルプス北岳における個体数減少防止施策などにも参加している。

  • 【服装と持ち物】

    ■歩きなれたスニーカーまたはトレッキングシューズ 

    ■防寒着、雨具(レインウエア)

    ■お弁当を入れるリュックサック 

    ■帽子、手袋、サングラス、日焼け止め、タオル等

    ※乗鞍は標高2,700mを超える山岳地帯です。

    真夏でも10℃を下回る場合があります。また、山の天気は変わりやすく

    予報に反して急に雨が降ることもございます。必ず防寒着・雨具をご持参下さい。

ご案内とご注意

※出発日の3日前までにお申込み下さい。(出発7日前までに予約がない場合は催行中止となります。)
※最少催行人員は2名様です。
※添乗員は同行しません。現地ガイドがご案内いたします。
※歩きなれたスニーカーまたはトレッキングシューズ、防寒着、雨具、リュックサックをご用意の上ご参加ください。
※ツアー参加中は、お客様の安全、周辺の環境保全のため、ガイドの指示にご協力ください。
※野生のライチョウのため、状況によっては姿が見られない場合がございます。予めご了承ください。
※悪天候等の理由により、ツアーを中止する場合がございます。また、当日の状況によりコース内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。
※バスで標高2,702m地点まで登ります。高山病を防ぐため、山頂ではゆっくりと歩きましょう。

お申込み方法

ご予約はお電話・インターネットで承ります。

【お問い合わせ】

濃飛バス高山バスセンターツアーデスク

TEL:0577-33-0131 営業時間:9:00~18:00

キャンセル料について

  • 旅行開始日の10~8日前まで 無料
  • 旅行開始日の7~2日前まで 30%
  • 旅行開始日の前日 40%
  • 旅行開始日当日 50%
  • 無連絡不参加及び旅行開始後の解除 100%

旅行企画・実施

  • 岐阜県知事登録旅行業第2-297号
  • 濃飛乗合自動車株式会社
  • 〒506-0026 岐阜県高山市花里町6-125
  • 総合旅行業務取扱管理者 長瀬 陽子

お問合せ

スポット紹介

ライチョウ研究者と歩く、乗鞍岳 雷鳥ウォッチング&高山植物観察

飛騨からお出かけ!
気ままなバス旅